化粧水がない日々は過ぎ去り今は

最近作ったもの

化粧水

https://www.timeless-edition.com/archives/7686

timeless-editionさんのサイトを参考にしたのですがこんなに簡単に出来るのだとびっくりだった。薬局で気軽に材料も購入できるし(私が作ったのはレシピ2)

長らく肌の筋トレと称して化粧水断ちをしていたのですが、これにて復活。(化粧水はつけていなかったけど、ココナッツオイルはつけていました。けど、”水”ではないですから。。肌に浸透していくといった体感はなく、あくまでも表側をカバーしてくれている感覚。)

なぜそんな事をしていたか?

そもそも目的は肌の土壌改良的な事をしてみたいという事が発端でした。潤いをもっと内側から沸きださせる事はできぬかと。

そんな日々をくぐり抜けての今、化粧水をつけて思う事はとにかくしっとりする、後、暑い日に冷蔵庫から出した化粧水をつけるのがめちゃくちゃ爽快!

です。

フツー(笑)

そして筋トレの結果はどうだったのか??肌質は変わったのか?という事を考えてみました。

肌がどの様に変わったか?という事は正直なところよくわからない。つまり外側にそこまでの大きな変化を感じられていない。

歳を追うごとにしみやそばかすが増えたのは確か。しかしそれは化粧水だけではなくて生活習慣や食生活の影響ももちろんあると思う。2年位前かな?増えた時期があった。でもその時は日付が変わってようやく家に帰れる。。といった生活スタイルを送っていた産物の様に思っている。なんにしろ自分で自分をきちんとケアできていなかったのです。

とにもかくにも特に問題なく過ごしてはいたものの、やはり冬は乾燥が激しくなるし、夏は夏でダメージを受けやすかった様に思う。

ただ、化粧水をつけ始めてひっそりと感じている事がある。

感覚が鈍くなったように感じる。

つまり、顔が化粧水をつける事で安心しきってしまっている様に感じるのだ。

今から書く事は科学的根拠はありません、ただ私が体感した事で思ったことを綴ってみようと思います。

畑を始めたばかりの頃、アドバイザーの方からこんな話を聞いた。

「土の下は他の畑同志でも繋がっていて、水が足りないなと感じたら他の区画から吸い上げるんだよ」と。

もしかして人間の身体も近い様な事をやっているのかな?とこの時ふと思った。

だから化粧水をつけない事によって身体のどこかから水路をひっぱってきていたのではないかと。でも、その水路がしっかり機能していないときっと肌は潤う事はないのかもしれない。

つまり、腸の調子が悪くて脱水症状をおこしていたり、寝不足で血がきちんと生産されなくて栄養もきちんと吸収できない、身体という土壌の水はけが悪いと他の水不足のエリアを助けてあげる事ができないのです。

つまり、自分の肌を自分で面倒みれるあかつきには身体の機能もうまく回り始めているのかもしれない。。

そんな妄想がぐーるぐーると回っておりました。

だからもう一回人体実験。化粧水をつける日とつけない日を設けてみようかな~と思ってます。これがあるから安心、というのではなくて自分の身体でまるごと安心できるようになれたら良いな。。というのが理想、です。

なんかよくわからないけど、人間の身体って面白い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中